むらんデータベース

新自作データベース

パソコンの手引き

大きな画像掲示板

ユーザー専用

怒ったこと聞かせて

話題のサプリメント

話題のスキンケア

となりまちショッピングモール Store-mix.com

欲しい物を入力し買う。
Store-mix.com


家のネコ、チーコです

 

01.アクセスとはなに 06.よしよしクエリー作ろう 11.マクロは便利だな
02.取り合えず起動かな 07.データ入力画面作成 12.検索画面の作成だ
03.新規作成しよう 08.簡単入力に挑戦 13.検索結果を表示しよう
04.まずはイメージ立案 09.ボタンを作ろう 14.印刷してみようかな
05.よし!テーブル作成 10.メニュー画面作ろう

さて、データを入れておく入れ物(テーブル)が完成したところで、いよいよアクセス活用のメインであるクエリーを作成して見ましょう、アクセスを勉強しようとしている人の大部分の方が、このクエリーの部分で挫折してしまいます、それというのも、取り掛かりの難しさが一番と思いますが、ここではその取り掛かりを「サクサク」と進んで行きたいと考えています、この部分が理解できると、もうあなたの構想が現実の形となってきますので、頑張ってください。

まずは基本中の基本である「選択クエリー」を作成して見たいと思います、簡単に説明すると、テーブルの中にしまってあるデータを見る為のクエリーになります

完成しているデータベースサンプルを元に説明を進めて行きます

※サンプルデータベースはソース公開!、自作のAccessデータベースでダウンロード出来ます。

データベースウインドウの「クエリー」を選択します、次に「新規作成」を選択してください

【 参考 】

左は完成したサンプルデータベースを開いた状態です、最初は、ここになにも表示されていない状態のデータベースウインドウが開きますので、完成時のイメージとしてご覧下さい

 

クエリーの新規作成ダイアログが表示されますので、「デザインビュー」を選択して「OK」を押して下さい、他にも色々と選択できますが、まずは基本をマスターする為に、自分でクエリーをデザインする項目を選択することにします
テーブルの表示ダイアログが表示されますので、先ほど作成した「ジャンルマスタ」テーブルを選択して、「追加」ボタンを押して下さい、ここでは、まずどのテーブルのデータに対してアクションを起すかを選択するということを覚えておいて下さい、テーブルの他にも、他に作成したクエリーを元にして、別のクエリーを作成することも出来ますが、ここではテーブルを選択した方法をご説明したいと思います、ここで「閉じる」を選択した場合でも、画面上のボタンを選択すると、同じダイアログが表示されますので、他のテーブルを新たに追加する場合等の時に活用してみて下さい
クエリーデザインの画面が表示されます、画面には選択したテーブルの名前と項目が上の欄(フィールドリスト)に表示されています、下の段(デザイングリッド)は、上の段に表示したテーブル及び項目に対するアクションを指定する欄になります、一つの区切りが、テーブルの項目の1項目に当たり、クエリーでのテーブルに対するアクションは、この単位が最小単位になります

【 参考 】

下の欄(デザイングリッド)のアクションの指定欄は使用するクエリーにより少し内容が変わりますが、全てのクエリー共通の項目のみご説明すると下記の3つになります

フィールド
上の欄に表示されているテーブルの内容の「項目」がフィールドになります、左記の例だと「ジャンル」になります

テーブル
上の欄に表示されているテーブルの名前になります、左記の例だと、テーブルが一つだけ選択されていますので「ジャンルマスタ」になります

抽出条件
指定したテーブルのフィールドに対する抽出(取り出す)条件の指定欄になります

上の欄(フィールドリスト)の「ジャンルマスタ」テーブルの「ジャンル」をダブルクリックすると、下段(デザイングリッド)の欄に情報が表示されます、並べ替えの欄はプルダウンメニューを選択して「昇順」で並び変わる様に指定します

【 参考 】

簡単にイメージして頂くと分かりやすいと思いますが、左記のアクションを実行すると、ジャンルマスタテーブルのジャンルの項目を昇順で抽出するという選択クエリになります

下段(デザイングリッド)へ項目を表示させる方法としては、項目名をダブルクリックする他、上段(フィールドリスト)の項目を下段へドラッグすることでも選択することができます

 

クエリーの条件指定が終了したら、右上の「×」を押すと、保存を確認するダイアログが表示されますので「はい」を選択して下さい、「いいえ」を選択すると、作成したクエリーを保存しないで終了してしまうので注意して下さい、「キャンセル」を選択すると、クエリーのデザインへ戻ります
名前を付けて保存するダイアログが表示されますので、「ジャンル抽出」と入力して「OK」を押します、これで選択クエリーの作成が終了しました

これで選択クエリーの作成が出来ました、同じ様に他の選択クエリーを作成して見ましょう、クエリー名とデザイングリッドへ表示するフィールド名は、イメージ立案の章の「簡易フロー図」を参照しながら作成してみて下さい

【 予備知識、抽出条件とは 】

サンプルでは抽出条件の指定をしていませんが、色々と改造したりしてみる場合の為に抽出条件に付いて予備知識として、抽出条件の例をご説明します、下記の抽出条件以外にも色々な条件が指定できますので試して見て下さい。(下記の情報はAccessのヘルプの内容です)

フィールド 説明
テキスト 都道府県 "北海道" 北海道にある会社が表示されます。
都道府県 "北海道" Or "福岡県" Or 演算子を使用すると、北海道または福岡県にある会社が表示されます。
出荷日  Between #95/10/5# And #95/10/10# Between...And 演算子を使用すると、1995 年 10 月 5 日から 1995 年 10 月 10 日までの期間に出荷した受注が表示されます。
出荷日  =#95/2/2# 1995 年 2 月 2 日に出荷された受注が表示されます。
出荷先都道府県 In("佐賀県", "愛知県") In 演算子を使用すると、佐賀県または愛知県へ出荷した受注が表示されます。
出荷先都道府県 Not "埼玉県"  Not 演算子を使用すると、埼玉県以外の都道府県へ出荷した受注が表示されます。
得意先名  Like "山*"  社名が "山" で始まる得意先が表示されます。
フリガナ  >="ハ"  社名が "ハ" から "ワ" の間にある会社が表示されます。
受注コード  Right([受注コード], 2)="99"  Right 関数を使用すると、受注コードの末尾が 99 の受注が表示されます。
得意先名  Len([得意先名])>Val(30)  Len 関数と Val 関数を使用すると、社名が 31 文字以上の得意先に関する受注が表示されます。
日付 請求日  Between Date( ) And DateAdd("m", 3, Date( ))  Between...And 演算子、および DateAdd 関数と Date 関数を使用すると、当日から 3 か月の期間に請求される受注が表示されます。
受注日  < Date( )- 30  Date 関数を使用すると、受注後 31 日以上経過した受注が表示されます。
受注日  Year([受注日])=1996  Year 関数を使用すると、受注日が 1996 年の受注が表示されます。
受注日  DatePart("q", [受注日])=4  DatePart 関数を使用すると、第 4 四半期に該当する注文が表示されます。
受注日  DateSerial (Year([受注日]), Month ([受注日])+1, 1)-1  DateSerial 関数、Year 関数、および Month 関数を使用すると、月末ごとの受注が表示されます。
受注日  Year([受注日])=Year(Now()) And Month([受注日])=Month(Now())  Year 関数と Month 関数、および And 演算子を使用すると、今年の今月分の受注が表示されます。
空の値 都道府県 Is Null  [都道府県] フィールドが Null (空白) の得意先の受注が表示されます。
都道府県  Is Not Null  [都道府県] フィールドに値が入力されている得意先の受注が表示されます。
ファクシミリ  " "  ファクシミリを設置していない得意先 ([ファクシミリ] フィールドが Null (空白) 値ではなく長さ 0 の文字列) の受注が表示されます。
部分抽出 フリガナ Like "シ*"  社名が "シ" で始まる得意先。
得意先名  Like "*会社"  社名の最後が "会社" の得意先。
フリガナ  Like "[ア-サ]*"  社名がア〜サで始まる得意先。
得意先名  Like "*株式*"  社名に "株式" という文字が入っている得意先。
得意先名  Like "株式会社?"  社名の先頭 4 文字が "株式会社" で始まる会社。
関数使用 運送料  >(DStDev("[運送料]", "受注") + DAvg("[運送料]", "受注"))  DAvg 関数と DStDev、DStDevP 関数を使用すると、運送料の標準偏差と平均を足した値よりも運送料が上回るすべての受注が表示されます。
数量  >DAvg("[数量]", "受注明細")  DAvg 関数を使用すると、平均受注数量を上回る商品が表示されます。

色々な条件で、テーブルに蓄積したデータを抽出して必要な情報を表示したり、印刷したり試して下さい、おまけとして、結構年齢の計算に関する式のお話を良く耳にするので、年齢を計算する例を下記に表しますのでご参照下さい。

生年月日のデータがあるとした場合

=Int(DateDiff("d",[生年月日],Now())/365.25)

   

本ホームページ中のMicrosoft、Windows、Windows NT、Visual Basic、Access、Access95、Access97、Access2000は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。