むらんデータベース

新自作データベース

パソコンの手引き

大きな画像掲示板

ユーザー専用

怒ったこと聞かせて

話題のサプリメント

話題のスキンケア

となりまちショッピングモール Store-mix.com

欲しい物を入力し買う。
Store-mix.com


家のネコ、チーコです

 

01.アクセスとはなに 06.よしよしクエリー作ろう 11.マクロは便利だな
02.取り合えず起動かな 07.データ入力画面作成 12.検索画面の作成だ
03.新規作成しよう 08.簡単入力に挑戦 13.検索結果を表示しよう
04.まずはイメージ立案 09.ボタンを作ろう 14.印刷してみようかな
05.よし!テーブル作成 10.メニュー画面作ろう

まずアクセスの最初の入り口を通過したので、なんとなくアクセスに興味を示された方もいると思います、では最初にしなければならない事として、アクセスがコンピュータにインストールされているかどうか確認して見て下さい、インストールされていない場合は「アプリケーションの追加と削除」からアクセスをインストールしてみて下さい、バージョンは95でも97でも2000でもOKです、簡単に見分ける方法は起動する時の画面で簡単に確認することができます。

最初に画面左下の  のボタンを押して、「プログラム」メニューを見て探して見て下さい、目印としては「鍵のマーク」が目印になります(95、97  2000  )

※見つからない場合、インストールが必要になります、お店に行ってマイクロソフトAccessを単体で購入するか、エクセルやワード等とセットになっている、マイクロソフトOfficeを購入する必要があります、この時に購入するバージョンに注意してください(基本的には最新のバージョンで良いと思います)
鍵のマークを選択すると、自動的にアクセスが起動を開始します、最初にアクセスのバージョンを表す画面が表示されますので、そこでアクセスのバージョンの確認が出来ます
Access 95

なつかしい・・、まだたまに使っています
Access 97

こちらで作成したデータベースもまだ元気に動いています(^^)
Access 2000

今一番中心に使用しています、2002や2003を使えば良いのだろうけれど、まだまだ2000でデータベースを作成されている方も多いと思うので・・

Access2002

2000年12月現在でのAccessの最新バージョンはAccess2000が最新になります。

2004年10月現在でのAccessの最新バージョンはAccess2003が最新になります。

Access 95   Version 7.0
(Access2.0をより使いやすくしたバージョン)

Access 97   Version 8.0
(95にセキュリティ面の強化とフォームの強化等の機能を追加したバージョン)

Access 2000 Version 9.0
(データベースエンジンの変更とWebとの連携部分の強化、修復最適化機能を標準にしたバージョン)

Access 2002 Version 10.0
(フォームにピボットテーブル ビューとピボットグラフ ビューが導入されました)

起動すると最初に下記のダイアログが表示されるので、「空のデータベース」を選択して「OK」を押して、新規にデータベースを作成する物とします
このダイアログは、既存のデータベースを開くか、新たに新規にデータベースを自力で作成するか、自動である程度の基礎部分を作成するかが選択することができます、今回の説明では、あくまでもアクセスの基本操作から簡単なデータベースが作成出来るまでをマスターするのを目的と考えますので、「空のデータベース」を選択して自力でデータベースを作成する方法をご説明します。

【参考】(次からの起動は既存のデータベース選択)

2回目からの起動は、ダイアログの下の「既存のデータベースを開く」の部分に作成したデータベースの名前が表示されるので、それを選択して「OK」を押して起動させて下さい。

※画面はバージョン95の画面です、バージョンにより若干画面の違いがある場合があります。

それでは空のデータベースの作成迄の手順が完了しました、いよいよデータベース作成へ突入です

ワンポイント【言葉の意味】

インストール 最初からコンピュータに入っているプログラム以外の物をパソコン上で使う為に必要な作業のことで、必要なプログラムをインターネットからダウンロードしたり、お店等で購入してくる必要があります、基本的には、買った人に1ライセンスという、その人に与えられる使用権利があり、複数のコンピュータで使用する為にはその権利を購入する必要があります
ダイアログ ソフトを使用する人に対するソフト側からのサポート画面、お知らせや注意事項、作業の補足や選択事項等、様々なダイアログが表示されてとても使い安い
バージョン(Version) プログラムの改善の度に表記される、そのプログラムのナンバー、大きくなるほど新しいプログラムになり、機能が追加されたり、発生していた不具合(誤動作等)の改善がされている、ソフトとは別にサービスパックという名前で修正用のCD等が配布されていたりするので確認が必要

 

   

本ホームページ中のMicrosoft、Windows、Windows NT、Visual Basic、Access、Access95、Access97、Access2000は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。