むらんデータベース

新自作データベース

パソコンの手引き

大きな画像掲示板

ユーザー専用

怒ったこと聞かせて

話題のサプリメント

話題のスキンケア

となりまちショッピングモール Store-mix.com

欲しい物を入力し買う。
Store-mix.com


家のネコ、チーコです

 

01.アクセスとはなに 06.よしよしクエリー作ろう 11.マクロは便利だな
02.取り合えず起動かな 07.データ入力画面作成 12.検索画面の作成だ
03.新規作成しよう 08.簡単入力に挑戦 13.検索結果を表示しよう
04.まずはイメージ立案 09.ボタンを作ろう 14.印刷してみようかな
05.よし!テーブル作成 10.メニュー画面作ろう

さて、クエリーが完成したところで、いよいよアクセスの中で目に見える部分であるフォームを作成して見ましょう、皆さんのデザイン感覚が一番はっきりと出る部分ですので、はりきって作って見ましょう、でも、あくまでも使いやすさを重視した作りにするのがポイントになりますので、その点に注意して作りましょう。

では06にて作成した「選択クエリー」を元にして、データを入力する為のフォーム(画面)を作成して見たいと思います、簡単に説明すると、テーブルの中にデータを入力したり、訂正する為のフォームになります、もしクエリーを作成していない場合には、06にてクエリー作成を学習してからの方が理解しやすいと思います

完成しているデータベースサンプルを元に説明を進めて行きます

※サンプルデータベースはソース公開!、自作のAccessデータベースでダウンロード出来ます。

データベースウインドウの「フォーム」を選択します、次に「新規作成」を選択してください
 

【 参考 】

左は完成したサンプルデータベースを開いた状態です、最初は、ここになにも表示されていない状態のデータベースウインドウが開きますので、完成時のイメージとしてご覧下さい

 

フォームの新規作成ダイアログが表示されますので、「オートフォーム:表形式」を選択して、下段の基になるテーブル/クエリーの選択欄に作成した「ジャンル抽出」クエリーを選択して「OK」を押して下さい、他にも色々と選択できますが、基のテーブル、クエリーが用意できておりますので、そのクエリーを基礎にある程度のレイアウトをアクセスにお任せする項目を選択することにします
 

【 参考 】

デザインビュー
全てのレイアウトを自分でデザインします、詳しくは09メニュー画面を作ろうで説明します

単票形式
テーブルの一つのレコードを一点一葉の画面に表示する枠を自動で作成します

表形式
テーブルの全てのレコードを表形式の一覧画面に表示する枠を自動で作成します

フォームデザインの画面が自動で作成、表示されます、指定したクエリーに含まれる項目名が「フォームヘッダー」と「詳細」に表示されていることを確認して下さい、もし表示されない場合はクエリーの作成でその項目名が洩れてしまっている可能性があります。
 

【 参考 】

フォームヘッダー
基本的に項目名が表示されます

詳細
テーブルに入っているデータが表示されます

フォームフッター
詳細の欄のデータを合計した結果等を表示したりします

フォームヘッダーの枠をクリックして反転させて、画面上段のツールバーのをクリック(右の小さい三画を押します)して、お好みの色を選択して、フォームのヘッダー部分に色をつけます

もし最初にフォームを作成した時点で、背景に絵(ピクチャ)が入っている時には、次の手順で絵を消してから実施して下さい

最上段のメニューから「表示」→「デザインビュー」を選択してから(プロパティ)ボタンを押して、表示されたダイアログの中の「ピクチャ」の項目の内容を削除してください

 
詳細の枠をクリックして反転させて、画面上段のツールバーのをクリック(右の小さい三画を押します)して、お好みの色を選択して、詳細部分に色をつけます
詳細の中のテキストボックスをクリックして、画面上段のツールバーのをクリック(右の小さい三画を押します)して、お好みの色を選択して、詳細部分に色をつけます、こうすることでテキストボックスの中の文字が見やすくなります、を押すとテキストのフォントの色も変更できます
フォームのデザインが終了したら、右上の「×」を押すと、保存を確認するダイアログが表示されますので「はい」を選択して下さい、「いいえ」を選択すると、作成したフォームを保存しないで終了してしまうので注意して下さい、「キャンセル」を選択すると、フォームのデザインへ戻ります
名前を付けて保存するダイアログが表示されますので、「ジャンルの登録」と入力して「OK」を押します、これでジャンル登録用のフォームの作成が終了しました

これでデータ入力用フォームの作成が出来ました、同じ様に他の登録フォームを作成して見ましょう、フォーム名と基になる選択クエリー名は、イメージ立案の章の「簡易フロー図」を参照しながら作成してみて下さい、デザインと色は是非色々と試してみてオリジナルの綺麗なフォームを作成してみてください!

   

本ホームページ中のMicrosoft、Windows、Windows NT、Visual Basic、Access、Access95、Access97、Access2000は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。