むらんデータベース

新自作データベース

パソコンの手引き

大きな画像掲示板

ユーザー専用

怒ったこと聞かせて

話題のサプリメント

話題のスキンケア

となりまちショッピングモール Store-mix.com

欲しい物を入力し買う。
Store-mix.com


家のネコ、チーコです

 

01.アクセスとはなに 06.よしよしクエリー作ろう 11.マクロは便利だな  
02.取り合えず起動かな 07.データ入力画面作成 12.検索画面の作成だ  
03.新規作成しよう 08.簡単入力に挑戦 13.検索結果を表示しよう  
04.まずはイメージ立案 09.ボタンを作ろう 14.印刷してみようかな  
05.よし!テーブル作成 10.メニュー画面作ろう    

さて、色々と作成した材料を結びつける入口としてメニュー画面を作ってみましょう、ここでいうメニュー画面は基本情報の登録や、実際に保管するデータを入力する画面、入力した情報を検索したり印刷したりするボタンを一画面にまとめたフォームをメニューと表現します。

完成しているデータベースサンプルを元に説明を進めて行きます

※サンプルデータベースはソース公開!、自作のAccessデータベースでダウンロード出来ます

フォームを作成する時に、クエリやテーブルを指定してフォームを作成していましたが、メニューフォームは基本的にどのクエリ、テーブルとも直接関連のないフォームとして作成します、オブジェクト「フォーム」の「新規作成」で「デザインビュー」を選択します
 

【 参考 】

「基になるテーブルまたはクエリの選択」は空白でOK

【ワンポイント】

メニュー画面は作成したソフトの入口になりますので、色々と工夫をして(文字の大きさや色、レイアウトなど)作業する人が作業しやすいメニューをイメージしましょう

2 画面のフォーム上をクリックして(どこでも良い)、その後に画面上ののボタンのをクリックして、表示される中から好きな色と選択することで、メニューの背景色を変更することができます

【 参考 】

枠をつけたり、ダイアログ表示にしなければ、縦横の大きさは変更しなくても、最大表示した時にはフル画面に背景が表示されるので気にしなくてOK

【ワンポイント】

画面レイアウトにメリハリを付けたりする効果として、画面上のを選択してフォームに四角い枠を作り、を押して枠線の太さを選択し、最後にを選択して、四角を浮き上がらせたり、窪ませたりと、色々できます種類の選択はを押すことで選択できます

3 画面上のを選択して、フォームの任意の場所から場所までを大体の文字数を考えながら枠の大きさを指定(後で変更可能)してその指定した枠の中にタイトルなどの文書を入力します、文書を変更する場合は枠内をダブルクリックするか、一度枠をクリックしてプロパティを選択しても文書を変更することができます

【 参考 】

2番のワンポイントで表現した例が左のフォームです

【ワンポイント】

入力した文字は画面上のでフォントの大きさ、で太字へ変更又は解除、で文字を斜めにする又は解除、で文字の色の変更が出来ますので色々と試して見ましょう

※後はボタンを作ろうを参考にして、各情報をボタンに結びつけることで、メニューから色々な処理を行うことが可能になります

   

本ホームページ中のMicrosoft、Windows、Windows NT、Visual Basic、Access、Access95、Access97、Access2000は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。